違反対象物公表制度がはじまります

平成32年4月1日運用開始

 

 熊野市火災予防条例の一部が改正され、平成32年4月1日から違反対象物公表制度の運用が開始されます。

 違反対象物公表制度とは、建物を安心してご利用いただくために、重大な消防法令違反のある建物を熊野市ホームページで確認できる制度です。

 重大な消防法令違反とは、消防法令で義務付けられている「屋内消火栓設備」、「スプリンクラー設備」、「自動火災報知設備」が設置されていないもので、公表の対象となる建物は、消防本部管内の飲食店、物品販売店舗、旅館、病院、社会福祉施設などの不特定多数の方が出入りする建物です。

 建物関係者の皆様におかれましては、建物の増改築や隣接建物との接続を行う場合、上記用途が新たに入居する場合、窓などの開口部をふさぐ場合には、消防用設備等の設置義務が発生し、重大な消防法令違反になる場合がありますので、事前に消防本部予防課へご相談ください。

屋内火災栓設備イラスト スプリンクラー設備イラスト 自動火災報知設備イラスト
屋内
消火栓設備
スプリンクラー設備 自動火災
報知設備
違反対象物公表制度リーフレット(PDF 60KB)