65歳以上のインフルエンザ予防接種(定期接種)を実施します
期間:10月15日(金曜日)~1月31日(月曜日)

熊野市の市章 

 初冬から春先にかけて季節性インフルエンザが広く流行します。インフルエンザワクチンは、感染後に発病する可能性を低減させる効果と発病した場合の重症化予防に有効と報告されています。
 新型コロナウイルス感染症と同様、適正なマスクの着用、こまめな換気、こまめな手洗い・手指消毒などの日常の感染防止対策の徹底に加え、流行前に予防接種を受けておきましょう。
 市では、65歳以上の高齢者のインフルエンザ予防接種(定期接種)を実施します。接種を希望する人は、医療機関に電話で予約の上、体調の良い日に接種してください。

[対象者]
(1)65歳以上の人
(2)60歳から65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器の機能やヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害があり、日常生活が極度に制限される人(かかりつけ医に相談してください)

[自己負担金(医療機関窓口での支払い)]
 1,500円
※生活保護受給者は無料です
※県外の医療機関(新宮市も含む)で接種する場合は、接種費用を全額自己負担し、申請により補助を行います(上限額あり)。

県外の医療機関(新宮市含む)で接種する場合
接種前に手続きが必要ですので、必ず健康・長寿課までご連絡ください。
●接種する前に
 「予防接種補助対象者認定申請書(ダウンロードWord_65KB,ダウンロードPDF_10KB)」を健康・長寿課に提出してください。その後、健康・長寿課から本人等に「予防接種実施依頼書」と「予診票」を送付します。

●接種する時は
 医療機関に(1)~(3)を持参してください。
(1)「予防接種実施依頼書」
(2)「予診票」
(3)健康保険証などの年齢が確認できる書類

●費用
 接種予定の医療機関にお問い合わせください。
※市が定める自己負担金額(1,500円)を上回る額を負担している場合は、その超過分について補助金がご利用いただけます(上限額2,700円)。
※生活保護受給者は接種費用を全額補助します。

●接種費補助金の申請方法
【必要な書類】
(1)「予防接種費補助金交付申請書兼請求書(ダウンロードWord_86KB,ダウンロードPDF_11KB)」
(2)領収書(接種に要した金額のわかるもの)
(3)接種が証明できるもの(接種済証、予診票の写しなど)
(4)振込先の口座がわかるもの

【申請期限】
 令和4年3月31日(木曜日)

【申請先】
 健康・長寿課(熊野市保健福祉センター2階)
 市民保険課、紀和総合支所、各出張所
 

 

接種間隔に注意しましょう
 新型コロナワクチンの接種を受けた方または受ける予定の方は、インフルエンザの予防接種を受ける場合、前後13日以上の間隔を空ける必要がありますので、注意してください。

ホームに戻る