風しんの追加的対策について

 

【風しんの追加的対策】
 厚生労働省は、平成30年7月以降の首都圏を中心とした風しんの流行を受け、抗体保有率が低い世代である昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を、平成31年4月から3年間に限り、風しんの抗体検査と定期予防接種の対象としました。

【対象者】
昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性
平成31年~令和2年にかけてクーポン券を送付しています。まだ検査を受けていない人は、お手元のクーポンを使用して抗体検査を受けてください。クーポン券を紛失した人は、健康・長寿課まで連絡してください。

【実施方法】
 対象者は、まず風しんの抗体検査を受け、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない人は、予防接種(MR:麻しん風しん混合ワクチン)を1回受けることができます。
 抗体検査や予防接種を受けるには、市が発行するクーポン券が必要で、この場合の費用は無料です。
※実施期限は、令和4年2月28日です。

【実施機関】
 抗体検査・予防接種は、市内を含め、全国の受託医療機関で受けられます。厚生労働省のホームページに全国で受けられる医療機関の一覧表が掲載されています。

熊野市・南牟婁郡の実施医療機関(PDF_49KB)

風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関(厚生労働省HPリンク)

 また、職場の健康診断でクーポン券を提示し受けられる場合があります。勤務先にお問い合わせください。

【注意事項】
 無料で抗体検査・予防接種を受けるには、市から送付されたクーポン券が必要です。クーポン券がない場合は、有料になります。

<クーポン券見本>

クーポン券見本

ホームに戻る