熊野市
ホーム
くらし
観光
市政
防災
リンク集
問い合わせ

森林の伐採及び伐採後の造林の届出書の制度について

森林の伐採には届出や報告書が必要です。

「自分の山の木なら、自由に伐ってもいい。」そのように思っている森林所有者の方はいらっしゃいませんか?
たとえ自分の山でも森林を伐採するときは、事前に届け出ることが法律で義務づけられています。
平成29年4月1日からは森林所有者等に対し、伐採後の造林の状況報告が義務づけられました。
また、令和4年4月1日からは伐採後の造林の状況報告に加え、伐採後の森林の状況の報告が必要となりました。

【届け出の必要性】

「伐採及び伐採後の造林の届出制度」は 、森林の伐採が市町村森林整備計画に従って適切に行われるよう、届け出をしていただくものです。それと同時に森林の大切な働きを失うことのないよう、伐採跡地の造林計画を届け出ることも義務づけられています。

【届け出の対象森林】

○保安林と保安施設地区を除く熊野市内の民有林です。※竹林を除く
(対象とする森林は、尾鷲熊野森林計画区にかかる民有林です。三重県熊野農林事務所で確認できます。)
○林地開発の許可を受けた森林を伐採する場合は、届出の必要はありません。
○森林経営計画に基づいた伐採の場合には、所定の様式による事後届出が必要です。

【届け出の対象者】

森林所有者や立木を買い受けたものなどです。
※立木を伐採するものと伐採後の造林を行うものが異なる場合は共同(連名)で提出

このページの先頭に戻る

【届出書の種類、提出時期】

(1)伐採及び伐採後の造林の届出(伐採計画書・造林計画書):伐採を始める90日から30日前まで
(様式)伐採及び伐採後の造林の届出(Word_40KB)

(2)伐採に係る森林の状況報告:伐採を完了した日から30日以内
(様式)伐採に係る森林の状況報告(Word_34KB)

(3)伐採後の造林に係る森林の状況報告:造林を完了した日から30日以内
(様式)伐採後の造林に係る森林の状況報告(Word_33KB)

※各様式の記載例はこちら(PDF_842KB)

このページの先頭に戻る

【添付する書類】(必要に応じて提出してください。)

・伐採区域が確認できる図面(伐採区域や隣接する土地との境界等を明示した字図や森林計画図等)
・土地所有者が確認できる書類(登記事項証明書等)
・森林所有者等の住所が確認できる書類(住民票等)
・届出のあった森林を伐採する権原を有することができる書類(立木の売買契約書、贈与契約書、遺産分割協議の協議書や目録等)
・主伐の場合には、伐採及び集材にかかるチェックリスト、搬出計画図
・その他上記の事項等に関して市町村長が必要と認める書類

【留意事項】

市町村森林整備計画に適合した施業が行われるよう、届出があった計画に対し変更や遵守を命じることがあります。
無届で伐採した場合などには、以下の罰則が適用され、伐採の中止及び造林を命じることがあります。
伐採及び伐採後の造林の届出:100万円以下の罰金(森林法第208条)
伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:30万円以下の罰金(森林法第210条)

林野庁伐採届の制度概要(外部リンク)

このページの先頭に戻る


このページに関するお問い合わせ先

農林業振興課 林業振興係
〒519-4392 三重県熊野市井戸町796番地
電話番号:0597-89-4111内線485