市税関係証明書交付申請等での本人確認

熊野市の市章 

 市税関係証明書の交付申請や原動機付自転車・小型特殊自動車の登録及び廃止などの手続きの際に、窓口にこられた方の本人確認を実施しています。
 また、代理人等による申請の場合、委任状が必要となります。
 本人になりすました第三者が、証明書等を不正に取得することを防ぎ、皆さんの大切な個人情報を保護するため、ご理解とご協力をお願いいたします。


対象となる証明書及び届出

【市税関係証明書】
 納税証明書、所得証明書、所得・課税証明書、固定資産評価証明書、公課証明書、事業証明書

【軽自動車税の届出】
 軽自動車税(種別割)申告書兼標識交付申請書<原付・小型特殊>
 軽自動車税(種別割)廃車申告書兼標識返納書<原付・小型特殊>
 軽自動車税減免申請書、各種申立書


本人確認の書類

【いずれか1点をご提示いただくことで本人確認ができるもの】
 マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降のもの)、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、写真入り住基カード等

【いずれか2点以上をご提示いただくことで本人確認ができるもの】
 健康保険証、介護保険証、年金手帳、学生証等
 「氏名、生年月日」または「氏名、住所」が記載され、市長が適当と認めるもの

※書類で確認できない場合、口頭で質問するなどの方法で本人確認をさせていただくことがありますのでご了承ください。

ホームに戻る