消毒用アルコールの安全な取扱いについて

熊野市の市章 

新型コロナウィルス感染症の発生に伴い、手指の消毒等のため、消毒用アルコールを使用する機会が増えていますが、一般に消毒用アルコールの物性として、次の特徴があります。

【アルコールの火災予防上の特徴】
○火気に近づけると引火しやすい。
○アルコールから発生する可燃性蒸気は、空気より重く、低いところにたまりやすい。

このため、ご家庭や事業所などにおいて、消毒用アルコールを使用する場合、下記に示す火災予防上の一般的な注意事項に十分注意の上、安全に取り扱ってください。

【火災予防上の一般的な注意事項】
〇消毒用アルコールを使用するときは、火気の近くで使用しないようにしましょう。

〇消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意しましょう。また、詰め替えた容器に“消毒用アルコール”や“火気厳禁”などの注意事項を記載してください。

〇消毒用アルコールの容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所は避けましょう。

〇消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えることのないように気をつけてください。

〇室内の消毒や消毒用アルコールの容器詰替えなどにより、アルコールの可燃性蒸気が滞留するおそれがある場合には、通気性の良い場所や換気が行われている場所で行いましょう。また、密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧を行うことはさけましょう。

消防庁リーフレット(PDF_277KB)

新型コロナウイルス感染症に関連する
掲載情報まとめページ

ホームに戻る