熊野市
ホーム
くらし
観光
市政
防災
リンク集
問い合わせ

新型コロナウイルス感染症に係るイベント等の開催について(お願い)

 以下に示すイベントの開催基準等の適応期間は、令和3年11月25日から当面の間とし、今後、県・国の方針があった場合は変更を行います。

1.イベントに参加する市民の皆様へ

〇「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」をイベント参加前にスマートフォン等にインストールしていただくようお願いします。また、イベント会場において「安心みえるLINE」のQRコードの掲示がある場合は読み込んでいただくようお願いします。

〇イベント主催者等から、感染拡大防止を目的とした連絡先登録等の求めがある場合には、積極的に応じてください。

〇イベントに参加する際は、原則マスクを着用し、人と人との距離を確保するなど『新しい生活様式』に基づいて行動するほか、入退場時、休憩時間や待合場所を含めて基本的な感染防止対策を徹底してください。

〇特に主催者の存在しない季節の行事などに参加する場合は、基本的な感染防止対策を徹底してください。

2.イベント主催者及びイベントを開催する施設管理者の皆様へ

(1)イベント開催の基準

ア 感染防止安全計画を策定する場合(参加人数が5,000人超かつ収容率が50%超)
※大声なしのイベントのみ(大声ありのイベントは後述「イ それ以外の場合」参照)
「イベント開催等における必要な感染防止対策」(別紙1)の各項目を着実に実施するため、イベント主催者等が具体的な感染防止対策を記載する「感染防止安全計画」を策定し、県による確認を受けた場合の人数上限および収容率上限は次のとおりです。

(ア)人数上限 (イ)収容率上限
収容定員まで

100%以内(大声なしが前提)

収容定員がない場合は、人と人とが触れ合わな
い程度の間隔を確保

(注)「大声」とは、観客等が、通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発することとします。
(大声の具体例)
・観客間の大声・長時間の会話
・スポーツイベントにおいて、反復・継続的に行われる応援歌の合唱など
(スポーツの得点時の一時的な歓声等は必ずしも「大声」に当たりません。)
※大声を出すことを積極的に推奨する、または大声の発生に対する必要な対策を十分に施さないイベントは「大声ありのイベント」に該当します。

〇具体的な手続きは、三重県のホームページや『三重県指針』Ver.13【別冊】イベントの開催基準等を確認して下さい。

三重県HP
『三重県指針』Ver.14【別冊】イベントの開催基準等

【感染防止安全計画の提出先・相談窓口】
 三重県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局
 電話:059-224-2352 E_mail:kansenta@pref.mie.lg.jp
 9時~17時 ※月曜日~金曜日(祝日除く)

※固定席がない場合など、収容定員が設定されていない場合で、参加人数が5,000人を超える規模のイベントを開催するときは、原則として県に感染防止安全計画を提出してください。

イ それ以外の場合
 感染防止安全計画を策定しない場合における人数上限及び収容率上限は次のとおりとします。

(ア)人数上限 (イ)収容率上限
〇収容定員10,000人超の場合
  ⇒収容定員の50%
〇収容定員10,000人以下の場合
  ⇒5,000人
〇収容定員が設定されていない場合
  ⇒後述

大声なしのイベント
100%以内

収容定員がない場合は、人と人とが触れ合
わない程度の間隔を確保

大声ありのイベント
50%以内

収容定員がない場合は、十分な人と人との
間隔(できるだけ2m、最低1m)を確保

※(ア)(イ)の人数のいずれか少ない方を限度とします。
※「大声」の定義は「ア 感染防止安全計画を策定する場合」の(注)と同様。

 イベント主催者及び施設管理者の双方は、「イベント開催等における必要な感染防止対策」(別紙1)の対策を行ったうえでイベントを開催してください。
また、「感染防止対策チェックリスト」(別紙3)を作成し、ホームページや会場の掲示等により公表するとともに、チェックリストはイベント終了日から1年間保管してください。
 なお、業種ごとの感染拡大予防ガイドラインがある場合は、上記の対策に加え、当該ガイドラインに則った対策を行ってください。

(ア)人数の上限
 収容定員が設定されている場合、「5,000人または収容定員の50%のいずれか大き方」を上限とします。なお、収容定員が設定されていな場合は、後述(イ)の収容定員が設定されていない場合と同様とします。

(イ)収容率の上限
 大声での歓声・声援等の有無により次の収容率を上限とします。

〇大声なしのイベント
 別紙1の対策を徹底し、別紙3のチェックリストの作成・公表を前提として
・収容定員の100%を上限とします。
・固定席がない場合など、収容定員が設定されていない場合は、「密」となる状況が発生しない
よう、人と人とが触れ合わない間隔を空けてください。

〇大声ありのイベント
 別紙1の対策を徹底し、別紙3のチェックリストの作成・公表を前提として
・収容定員の50%を上限とします。
・固定席がある場合は座席を前後左右の1席は空けることとします。
・固定席が無い場合など、収容定員が設定されていない場合は、十分な人と人との間隔(できるだけ2m、最低1m以上)空けてください。また、その維持が困難な場合は、開催について慎重に判断してください。
・大声ありのため参加人数を収容定員の50%以内に抑える場合でも、大声を最小限に抑える工夫や感染リスクを低減する対策を行ってください。

※固定席が無い場合など、収容定員が設定されていない場合で、参加人数が5,000人以下の規模のイベントを開催するときは、原則、別紙3のチェックリストを作成・公表してください。

(注)感染が拡大した場合について
・今後感染状況が悪化し、三重県にまん延防止等重点措置または緊急事態宣言が適用された場合において感染防止安全計画を策定しないときの人数上限は5,000人とします。(収容率上限は変更なし。)

(2)イベントにおける飲食について

〇飲食を伴う、または飲食が可能であるイベントについては、飲食専用エリア以外(例:観客席等)においては飲食の自粛を求めてください。
 ただし、発声がないことを前提に、飲食時以外のマスク着用担保や、マスクを外す時間を短くするため飲食時間を短縮する等の対策ができる環境においては、この限りではありません。

〇酒類を提供する場合には、飲酒による大声等を防ぐ具体的な対策を講じるとともに、問題発生時には退場処分や酒類の提供中止等を行うこととし、その旨を参加者に事前に周知してください。

※入場時の連絡先把握やアプリ等を活用した参加者の把握のため、接触確認アプリ(COCOA)や「安心みえるLINE」を活用してください。
安心みえるLINE

 

外部リンク
三重県ホームページ 『三重県指針』Ver.14
三重県ホームページ 『三重県指針』Ver.14【別冊】イベントの開催基準等

 

資料
別紙1「イベント開催時における必要な感染防止対策」(PDF_505KB)
別紙3「感染防止対策チェックリスト」(PDF_1.0MB)

このページの先頭に戻る

新型コロナウイルス感染症に関連する
掲載情報まとめページ


このページに関するお問い合わせ先

健康・長寿課 保健予防第1係
〒519-4324 三重県熊野市井戸町1150番地
電話番号:0597-89-3113