三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」の延長について

熊野市の市章

 政府は11都府県(栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)に発出した緊急事態宣言の期限を、栃木県を除き、令和3年3月7日まで延長しました。
 また、三重県は、独自の三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」を令和3年3月7日まで延長しました。県内では依然として新規感染者数は高い水準にあり、クラスターが多数発生するなど医療提供体制も厳しい状況が続いています。

 市民の皆さまにおかれましては、引き続き大人数や長時間に及ぶ飲食やカラオケなどの大声を発する集まりといった場面は、時間帯を問わず参加を避けていただく、緊急事態宣言が発出されている都府県及び飲食店等への営業時間短縮等の要請がなされているエリアのみならず県境を越える移動は、生活の維持に必要な場合を除き避けていただきますようお願いします。
 また、県内における移動についても、移動先が「『密』となる」、「大声を出す」など感染リスクが高くなる場合は避けていただくなど、慎重な行動をお願いします。

 事業者の皆さまにおかれましても、クラスターが多発している医療機関、社会福祉施設等では特に施設内へ「持ち込まない」「広げない」ことを意識した対策を行っていただき、事務所や工場などでは業務を行う場所での感染防止対策に加え、食堂、休憩所、喫煙所などにおいても感染防止対策を徹底し、従業員の皆さまに注意喚起を行っていただくようお願いします。

 引き続きこまめな手洗い、人と会話をする際のマスクの着用、人との距離を確保する、室内のこまめな換気や加湿等の日常的な感染防止対策の徹底をお願いします。

詳しくはこちら(外部リンク)
<三重県ホームページ>
三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」(2月8日~3月7日)

新型コロナウイルス感染症に関連する
掲載情報まとめページ

ホームに戻る