新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた『三重県指針』ver.10について

熊野市の市章

 三重県内の感染状況は、「緊急警戒宣言」終了後、改善傾向を維持していましたが、3月下旬以降、感染者数が増加し20人を超える日も多くみられ、変異株の感染者も多数発生しているなど予断を許さない状況が続いています。
 このような現状を踏まえ、県は「新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた『三重県指針』ver.10~県民の皆さまへ 命と健康を守るために~」を取りまとめ、改めて日常生活の中での感染防止対策をお願いしています。

 全国的に3月中旬以降、感染者は増加傾向となり、政府は4月1日に、特に感染が急速に拡大している宮城県(仙台市)、大阪府(大阪市)、兵庫県(神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市)を緊急事態宣言の前段階に相当する「まん延防止等重点措置」の区域として指定しました。
 県内でも、県外に由来する感染が増加傾向にあり、「まん延防止等重点措置」の対象区域とされた地域や、名古屋市・京都市・首都圏1都3県など飲食店等への営業時間の短縮要請が行われているエリアへは、生活の維持に必要な場合を除き移動は避けていただくようお願いします。
 その他のエリアについては、移動先の感染状況や移動に関する方針等をよくご確認いただき、移動の必要性について今一度立ち止まって慎重に検討し、可能な限り控えてください。また、体調が悪い場合は移動を避けていただくようお願いします。

 直近の感染状況をみますと、卒業や転勤に伴う歓迎会など、年度の切り替わりによる会食の場において感染が拡大したと思われる事例が増加傾向にあります。
 市民の皆さまに置かれましては、大人数や長時間となり、感染リスクが高まる会食の場への参加を避けていただきますよう御協力お願いします。
 事業者の皆さまにおかれましては、食事や休憩など、「居場所の切り替わり」における感染防止対策の徹底とともに、勤務時間外でも、大人数や長時間となる懇親会は避けるよう注意喚起をお願いします。

 家庭内感染の割合も高い水準で推移しています。家庭内での基本的な感染防止対策を徹底していただくとともに、少しでも体調に異変を感じた場合には、外出を控えるとともに、なるべく家庭内でも家族とは別室で過ごす、マスクを着用するなどの対策を取っていただき、早期にかかりつけ医等にご相談いただくようお願いたします。

詳しくはこちら(外部リンク)
<三重県ホームページ>
リンjク新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた『三重県指針』ver.10

新型コロナウイルス感染症に関連する
掲載情報まとめページ

ホームに戻る