三重県リバウンド措置重点期間について

熊野市の市章

 三重県内の感染者数は8月に入り爆発的に増加し、8月26日には515人となるなど、過去最大の感染拡大の波となりましたが、9月以降は大きく減少し、モニタリング指標等も着実に改善の傾向にあることから、三重県は9月30日をもって「三重県緊急事態措置」を終了しました。

 最悪ともいえる感染爆発の状況は脱したものの、依然として医療体制には多くの負荷がかかっており、予断を許さない状況であることから、県は10月1日から14日までを「三重県リバウンド阻止重点期間」とし、対策の継続をお願いしています。

 ワクチンを接種していない人も接種を終えた人も引き続き、感染防止対策の徹底をお願いします。

【特にお願いしたい3つのポイント】
(1)マスク着用の徹底:特に多くの人と接する場合は、飛沫の飛散・吸い込みの防止効果が高い不織布マスクで鼻と口を覆い隙間ができないようにしっかり着用(不織布マスクの飛沫の飛散・吸い込みの防止効果は、ウレタンマスクの約2倍と言われています)。
(2)こまめな換気:30分~1時間に1回以上、5~10分程度、2方向の壁の窓(ドア)を全開。
(3)こまめな手洗いと手指消毒:消毒液は手のひらの底に溜まる程度にたっぷりと使用。特にウイルスがつきやすい指先を入念に、15秒程度かけて擦り込む。

詳しくはこちら(外部リンク)
<三重県ホームページ>
リンjク三重県リバウンド措置重点期間
リンjク10月1日から30日までのイベント開催基準
リンjク県が実施する対策

新型コロナウイルス感染症に関連する
掲載情報まとめページ

ホームに戻る