(事業者感染防止対策事業)
事業者への二酸化炭素濃度測定器の貸出について

熊野市の市章

 熊野市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から事業者及び来訪者の安心・安全のため、二酸化炭素濃度測定器を無料でお貸ししています。
 レンタルを希望する人は、市役所4階 水産・商工振興課に備え付けの申請書に必要事項を記入の上※、提出してください。

※法人の方は社印が必要となります。個人事業主の方は、代表者であれば自署だけで申請できます。

CO2測定器

 対象要件は、市内に本社(個人経営の場合にあっては主な事業所)を有する事業者のち、次の業種を営む事業所のみとなっております。

施設の業種 対象事業所
飲食店
喫茶店
みえ安心おもてなし施設認証制度「あんしんみえリア」の認定を受けている又は申請を行う場合に限る。
ホテル
旅館
観光事業者版みえ安心おもてなし施設認証制度「あんしんみえリア」の認定を受けている又は申請を行う場合に限る。
理髪店 理容室、美容室
医療施設 病院、一般診療所、歯科診療所
学習塾
ダンス教室
税務署に開業届を提出しているものに限る。

 なお、在庫に限りがございますので電話等にてご確認後、申請等に来庁していただけますとスムーズに手続きが完了しますので、下記の留意事項と併せて皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

<問合せ先>
 水産・商工振興課 商工業振興係
 TEL0597-89-4111(内線472・474)


<留意事項>
 貸出期間や取扱いについて(要綱抜粋)

(貸出期間)
第6条 測定器等を貸出しする期間は、貸出しの決定の通知の日から1年間とする。
2 前項の貸出期間は、これを更新することができる。この場合において、更新のときから同項の期間を超えることができない。
(測定器等の取扱い)
第7条 利用者は、貸出しした測定器等(以下「貸出物品」という。)の取扱いについて、次に掲げる事項を遵守しなければならない。
(1) 貸出物品を他人に貸出しし、又は譲渡しないこと。
(2) 貸出物品を良好な状態で管理し、これを活用して新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する取組を行うこと。
(費用の負担)
第8条 測定器等の貸出しは、熊野市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例(平成17年熊野市条例第50号)第7条の規定により無償とする。
2 市長は、貸出物品の利用に要する経費のうち、次に係る費用を利用者に負担させるものとする。
(1) 測定器を駆動させるための電気代
(2) 二酸化炭素(CO2)濃度を計測していることを周知するための表示等掲示物に要する費用
(貸出しの取消し等)
第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、測定器等の貸出しの決定を取り消すことができる。
(1) 偽りその他不正な手段により測定器等の貸出しの決定を受けたとき。
(2) 貸出物品の故障その他やむを得ない理由があるとき。
(3) 第7条に規定する取扱いに反すると判断したとき。
(4) 前各号に掲げるもののほか、市長が適当でないと認めるとき。
2 市長は、前項の規定により測定器等の貸出しの決定を取り消したときは、熊野市二酸化炭素濃度測定器貸出取消通知書(様式第3号)により利用者に通知するものとする。
3 第1項の規定による取消しにより、利用者が損害を受けることがあっても、市は、その責を負わない。
(返却)
第10条 利用者は、貸出物品の貸出期間が満了したとき、又は貸出物品の使用が終了したときは、速やかに当該貸出物品を市長の指定する場所に返却しなければならない。
(損害賠償)
第11条 利用者は、貸出物品を故意又は過失により破損し、又は紛失したときは、直ちに熊野市二酸化炭素濃度測定器破損等届出書(様式第4号)により市長に届け出るとともに、市長が相当と認める額を市に賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。


新型コロナウイルス感染症に関連する
掲載情報まとめページ

ホームに戻る