徐福(じょふく)の宮

更新日:

  • Twitterでツイート
  • Facebookでシェア
  • JR熊野市駅から:車で国道42号を大泊方面へ 国道311号を波田須方面へ 約30分
徐福(じょふく)の宮の写真
天台烏薬の写真

矢賀の蓬莱山、別称、丸山に徐福の墓が祀られています。
今から約2200年前、秦の始皇帝の命により徐福は蓬莱山にあるといわれる不老不死の仙薬を求めて、500艘の船団を組み東方に向かって船出しました。途中台風に遭い徐福の船だけが、この地矢賀の里に流れ着いたと言われています。
帰国を断念した徐福は紀州への永住を決意し、やがて窯を設け、焼物を3人に教えたと言います。今も残る窯所、窯屋敷という地名はこのことを伝えています。
この他、徐福は土木、農耕、捕鯨、医薬などの中国文明を里人に教えたといわれています。このことからこの地は秦住と呼ばれ、後に波田須という地名になったと言われています。
徐福の墓の石碑は、稲荷神社と合資されている小祠の後にあります。御神宝は直径20cm余りの小さな摺鉢です。また、不老不死の仙薬こそ当地に自生する天台烏薬だとされています。

文化財

熊野市の文化財は次のリンクからご確認ください。

お問い合わせ

観光スポーツ交流課/観光交流係

〒519-4392 三重県熊野市井戸町796
電話番号:0597-89-4111
内線:431

ページトップへ